防犯意識を高める|防犯カメラを利用しよう【警備会社でも活用されている】

防犯カメラを利用しよう【警備会社でも活用されている】

積み木の家と鍵

防犯意識を高める

ガードマン

防犯カメラと設置における注意点

防犯意識が高まる中、最近では個人宅においても防犯カメラを設置する家庭が増えている。この防犯カメラの設置においては、いくつかの注意点がある。 まずは、プライバシーへの配慮がある。個人宅などで監視カメラを設置する場合、その撮影角度などにより近隣住人の宅内や歩く姿などを撮影してしまう可能性がある。 これらを行うことで、近隣住人とのトラブルになる可能性もある。その為、設置位置などには十分検討し、プライバシーに配慮しながら設置することに注意が必要になる。 また、設置角度が悪いことで、重要な場面で撮影できていない可能性が出てしまう。その為、侵入される可能性がある場所を幅広く撮影するなど、設置場所の検討が重要になる。

設置におけるポイントについて

監視カメラの設置においては、いくつかのポイントとなることがある。まずは、監視カメラの性能がある。 監視カメラでは、その解像度により画質良く撮れるかがことなってくる。解像度が低すぎることで、万一の場合の解析に役立ちにくくなる可能性があるため、適度な性能を持った監視カメラの設置が重要になる。 また、監視カメラではその設置を行うだけでも、抑止力になるということがある。侵入を行う者などでは、少しでも捕まるリスクの少ない家を狙って行う傾向がある。そのような中で、監視カメラが設置されていることで、防犯意識が高いとみなされ、またカメラに映ることを嫌い、侵入を止める可能性が高まる。そのため、カメラの設置を行うこと自体に意味があるということもある。